メディア&レポート

HOME» メディア&レポート »アジア医療支援レポート

メディア&レポート

アジア医療支援レポート

 
ミャンマーにおけるガン治療向上のための取り組みのため渡航 
2014年11月30日~12月3日

昨年より、ミャンマー保健省及び大臣やヤンゴン医科大学から要望されていた、ガン治療の発展のために
アジア医療支援機構の橋井理事長と川崎は、保健省とのミーティング、 在ミャンマー日本大使館との交渉のため渡航いたしました。保健省は当機構に日本のガン治療医の育成や、機器の導入について助言や活動を依頼すべく基本合意する書面を 取り交わすことが話し合われ、2015年中にも取り交わされる予定です。

また、在ミャンマー日本大使館とは現在の取り組み進捗状況と方向性について説明申 し上げ意見交換をさせていただきました。また、ヤンゴン医科大学病院の関係者とも意見交換を行い、現状の確認と今後の方向性を再確認しました。

         

今回は、亀田病院に所属されている平山医師も同行され、ヤンゴン市内の病院施設の視察や、患者さんの現状について見学され、現地若手医師との交流を図ることもできました。
 
     

こうした東南アジアの医療支援や活動に興味のある日本人医師に、現地の医療者とのディスカッションや、現状視察をしていただける機会を作ることも、当機構の重要な役割だと考えています。
 
2014/12/05